子育て中でも働きやすい!パート・アルバイト薬剤師のメリットデメリット

薬剤師の資格保有者で、パート・アルバイトとして働いている人の多くが女性だと言われています。年齢層で見ると30〜40代の女性が7割を占めており、8割以上の人が子育てをしている女性だと言うことがわかりました。

 

勤務時間が調整しやすいから安心

薬剤師にとってパート・アルバイトとして働くことは、子育てとの両立をするために働きやすい勤務形態です。昔は子供が学校から帰っても1人で家にいたりするのは普通のことでした。
しかし物騒な世の中になった現代では、たとえ小学生でも子供を1人でおいておくことは心配です。そんなときにパート・アルバイトだと、勤務時間を子供の帰宅時間に合わせた選択もできますので、子供が学校にいる間は薬剤師の仕事をし、帰ってくる頃には家にいて出迎えることもできるため、安心して働くことができるのです。薬剤師の需要が高まる中で薬剤師のパート・アルバイト求人募集も多くなっています。

 

異動も転勤もないから便利

薬剤師は職場によっては異動や転勤もある職業です。しかしパート・アルバイト薬剤師には基本的に異動や転勤などがないことがほとんどです。
子供の体調がいきなり悪くなったときなど、勤務先が遠いと何かと不便なことがあります。異動や転勤がなければ、一度勤務した職場で働き続けることができるので、学校に近い場所や自宅に近い場所など、都合に合わせた勤務ができて便利です。

 

雇用面で安定していないのがデメリット

薬剤師だけでなく、すべてのパート・アルバイトに対して当てはまることですが、正社員のように保証がありません。いつ解雇されるかどうかわからない不安定な状態であるのがデメリットです。