子育て中のママが活躍する派遣薬剤師

資格を必要としている職業である薬剤師は、それだけ専門性が高いことがわかります。子育てをしている薬剤師の働き方は正社員やパートなどがありますが、今は派遣としての働き方も選択できるようになりました。

 

派遣の薬剤師の需要の高さ

派遣社員は薬剤師に限らず、さまざまな業種で活躍している働き方です。派遣会社とは、大元となる派遣会社の社員になり、ほかの企業から依頼をうけたときにその企業へと出向して働く形になります。
多くが一般企業の事務員や受付、工場の軽作業などが主ではありますが、最近は薬剤師の派遣も増えているのです。もちろん派遣先は病院や調剤薬局などになりますが、専門性が高いので特に需要が高いと言われています。
薬剤師を全体的に見ると、男性よりも女性の方が多い職業です。そのため、出産や子育てなどによって人員不足になることが多く、そういった一時的な穴埋めという意味で薬剤師の派遣社員のニーズが非常に高まっているのです。

 

正社員になれる可能性もある。派遣として続けるかどうかは自分次第

薬剤師が派遣されたとき、その職場では短くて半年から長くて3年ほど勤めるのが一般的です。派遣社員は一定期間での更新が必要になりますが、求人内容によっては一定の期間を派遣社員として働き、薬剤師としての能力が認められることで正社員へと雇用形態が変えられるシステムを採用しているところもあります。
派遣社員の良いところは時給の高さですが、薬剤師の場合は専門性が高いために一般的な派遣社員よりも時給が高いことが特徴です。
派遣薬剤師として働き続けるか、正社員雇用を目指すのかは自由です。子育てなどの理由により、働ける時間に制限がある薬剤師にとっては、子育てや家庭環境を考え、良い勤務形態を見つけることが最適だと言えるでしょう。