子育てと薬剤師を両立させるためにできること

 

子育て中の復帰がしやすい薬剤師

子供がいる家庭にとって、育児と仕事が両立できるかどうかはとても重要になってきます。子供がいるから復職をあきらめている女性も多いことは現実です。

 

しかし薬剤師は、職業の中では比較的子育てと両立しやすいと言われています。
法律によって、どの職場で働く人にも産休と育休は定められていますが、薬剤師法律で定められているほかにも支援が多い職業です。

 

たくさんの支援があるから両立しやすい

薬剤師が不足していることから、薬剤師が勤める職場において独自の子育て支援を実施しているところが多いのです。支援内容の中には時短と呼ばれている、子供が小さいうちは勤務する時間を短縮できる制度や、中には職場内に託児所を併設しているところもあるようです。
このようにさまざまな支援があるからこそ、薬剤師が育児と仕事を両立させやすいと言われれているのです。

 

支援があるからといって必ず利用できるわけではない現状

子育て中の薬剤師が働きやすいように、さまざまな支援が職場によってあることはわかりましたが、実際にその支援を利用できるかどうかは職場次第でもあります。表面上は支援があると言っていても、実際には人手不足などを理由に利用を渋られることもあるのが問題です。
利用できたとしても、同じ職場で働く仲間から嫌な顔をされたりする、支援内容を利用しづらい雰囲気の職場もあるのです。薬剤師が必ずしも子育てと両立できるというわけではなく、両立させるには働き方や職場をしっかりと考えることが大切です。

 

子育て中の薬剤師の働き方

 

子育て中の薬剤師の働き方

子育て中の薬剤師は働き方を考えることが大切です。子育て中だけど収入のことを考えてがっつり働きたい人や、あまり稼がなくていいからとにかく子供を優先させたい場合など、働き方はその人の考え方によって違ってきます。
薬剤師の働き方は大きく分けて2通りありまして、それは正社員パート・アルバイトに分けられます。

 

子育てと両立しやすい働き方がパート

子育てと仕事を両立させるためには働き方を考える必要があります。まず働く時、独身女性でしたら正社員で朝から晩まで働く人が多いと思いますが、子育てと両立させるためには厳しいと言えるでしょう。
そのため、多くの方がパートとして勤務する方法を取っています。パートとして勤務すると、勤務時間が短いだけでなく、勤務時間や休みの希望が取りやすいので子育てと両立させたい薬剤師にとっては良い働き方です。

 

正社員としてがっつり稼ぐ

正社員として勤務すると収入は増えて安定しますが、そのぶん勤務時間も長くなってしまいます。子供との時間が少なくなりますが、勤務先が病院や製薬会社になった場合には、育児を助けるいろいろな制度を利用することもできるはずです。正社員として働く場合、子育て中の人の多くは時短制度や職場内にある託児所を利用して、効率よく働いている人が多いようです。

 

子供がいない時と違って、いろいろな制限があるのが子育て中の働き方の大変なところです。自分で良く考えて、一番良い方法で働くことが、薬剤師として活躍できる働き方と言えるのではないでしょうか。

 

薬剤師会の求人と登録するメリット

 

薬剤師会入会すると求人の閲覧などメリットが

薬剤師会とは、同じ薬剤師が加入する同業者団体で、基本的には全国各地に水平展開しています。

 

しかし実際には登録する地域によって多少の違いがあるのが特徴で、年会費が必要だったり役員として活動をしなければならない場合もあるのです。

 

それでもなぜ薬剤師会に入会する人が多いのかと言うと、経営者同士薬剤師同士の知り合いが増えるからです。薬剤師会には薬局を経営している人もたくさん登録していますので、薬剤師としての求人もあります。以前は薬剤師会からの許可が無ければ薬局を開くことができなかったくらいに大きなチカラをもっている団体で、独立を考えている人にとっては大変気になる存在だったりするのです。

 

薬剤師会の求人は登録していなくても閲覧可能

薬剤師会では求人を出しています。薬剤師会の求人は、登録していない人でも利用可能で、インターネットでも簡単に求人を探すことができるので便利です。
このときの求人は薬剤師会に登録している薬局などの求人なので、信頼できるものがほとんどです。良い求人がないと嘆いている人は、薬剤師会の求人を閲覧してみるのもおすすめです。

 

薬剤師会に登録すると研修がうけられる

薬剤師として良い求人がないと感じている人は、薬剤師会に登録してみてはいかがでしょう。登録するメリットとして、研修に参加できるということがあります。薬を扱う医療の現場は常に最新の情報を保有していることが大切で、その情報は常に進化し続けています。
研修を受けている薬剤師には認定薬剤師といった制度がありまして、普通の薬剤師とは違ったワンランク上の薬剤師に就ける環境にもなるのです。もちろん薬剤師としての活動はそれほど変化はないので不要な人には不要ですが、薬剤師としてもっと深く関わってみたい人にとってはオススメです。